こんな症状で

首の痛み、肩こりの理由とは・・・

たちは、一番大切な「脳」を一番高い不安定な場所に置いています。
この大切な「脳」を安定に維持するために必要なのが脊椎のS字状カーブです。

このカーブは必ずS字を描いていなければなりません。

その理由の一つに脳を含めた頭蓋骨の重量を支えなければなりません。その重さは、
成人平均で約6350gあります。2リットルのペットボトル3本分に相当します。
この重さを支えるにはまず、頚椎(首)に基本のカーブが必要です。

頚椎は、正常では横から見ると顔の向いている側にカーブがあります。
正面から見ますと、顔の中心を二等分する直線が描けるほど真っ直ぐでなければなりません。
しかし、この頚椎カーブが少なかったり、消失して「真っ直ぐ」あるいは、逆に後ろ向きのカーブを
していると柔軟に動くことが出来ませんし、衝撃を逃がすことも難しくなります。過度のカーブでも
また様々な症状が出てきます。

ぜ様々な症状がでるのか?

頚椎のS字カーブがなければ頭の重さは頚椎だけでは支えることが出来ず、首や肩周辺の筋肉が
四六時中緊張しています。
まして、交通事故や高所からの転落、コンタクトスポーツ(ラグビー、アメフトなど)
をされていた方は首即ち頚椎に相当なストレスが残っています。
正常な形であることの方が不思議なほど歪んでいることが多いのです。

あなたはその痛み、原因を調べましたか?

【頭痛と首の痛み早期発見!

●頻繁に頭痛がしますか? ●腕が疼いたり痺れたりしますか? ●肩の辺りが慢性的にこりますか?
●めまいがしますか? ●胸部に痛みがありますか? ●肩甲骨の間が痛みますか?
●頻繁に喉が痛くなりますか? ●イライラや気分が落ち込む? ●起床時に筋肉が痛みますか?
●顎が痛みますか? ●聴覚障害がありますか? ●姿勢が悪いですか?
●眼が疲れやすいですか? ●寝つきが悪く疲れが取れない? ●胃腸が弱いですか?
●便秘若しくは下痢気味ですか? ●手足が冷たいですか? ●静止姿勢が辛いですか?
●コリを我慢すると嘔吐しますか? ●猫背ですか? ●首をポキポキ鳴らしますか?

もし上の質問に「はい」の答えが9個以上あれば、
すべて頭部と頚部に何らかの骨格障害が存在するものと考えられ、

レントゲンで確認することにより原因の所在が明確になります。

ご予約はこちらからどうぞ
ご予約はこちらからどうぞ

腰痛が改善しない理由

腰痛が起こる原因としては・・・
「姿勢の悪さ」 「激しい運動や労働」 「老化によるもの」
「内臓疾患」 「精神的ストレス」など様々な原因が上げられます。

その様々な原因の中で特に影響を及ぼすのが首即ち頚椎のゆがみなのです。

骨格で一番大事な頭(脳)、頭蓋骨を支えている頚椎が基本的な
型よりズレが生じている場合、骨盤の関節である仙腸関節にストレス
が加わり身体を支えきれなくなり不安定な関節となって骨盤にゆがみ
が生じてしまうのです。

ここで大事なのが「骨盤のゆがみ」です。

巷ではこのフレーズが一人歩きしています。どこの整体、整骨院などへ
行かれても“腰の痛みは足(右、左)が短くなっているせいです。
骨盤がゆがんでいるので直しておきますね”と言われたということを良く聞
きます。

当サロンにお越し下さる方でレントゲンを見て頂くと、
“歪んでいなくて良かったです”というお言葉を頂戴します。
“では何故、私の右(左)足は短く(長く)なっているのですか?”と、
質問されます。その答えもご説明させて頂きます。

骨盤がゆがんでいると言われた経験がある方若しくは、腰がいつも重たい
だるい、痛みがあるのでひょっとして骨盤がゆがんでいるかもしれない・・・
と思っているあなた・・・レントゲンを撮れば一目瞭然です。
オフィス・ヤナセは、ドクターと提携しお客様に正しい情報をご提供できる
数少ない骨格矯正サロンです。

あなたは正しい情報で大切な身体を守っていますか?

次に腰痛の中でも厄介なのが“ぎっくり腰”です。

何度か繰り返している方は皆さん口を揃えたように「もぅクセになっている」
と言われます・・・

皆さん覚えておいて下さい。
ぎっくり腰は決してクセになりません。

原因を探さず腰だけを施術をするので気持ちは良くなりますが、
あたかも治ったかのような錯覚に陥るのです。
しかし、原因が残ったままになっていますので痛みの再発?(元々治ってい
ません)が繰り返されます。

腰の痛みや、ぎっくり腰には必ず原因があります。
その原因を確認し矯正をすることで痛みはなくなり決してクセになることはありません。

腰の痛みの原因は内臓疾患を除いた約18%は腰にありますが、
残りの約80%はどこに原因があるのか、それは・・・。
長年、腰の痛みでお困りの方は原因を確認されることをお勧めします。

ご予約はこちらからどうぞ
ご予約はこちらからどうぞ

坐骨神経痛とヘルニア

坐骨神経の症状で苦しんだことのある誰もが、坐骨神経からくる
痛みは人生で最もつらい経験のひとつであると口をそろえて言います。
なぜならば、他に全く例えようのない痛みで、何かと比べる事が
難しいからです。あえて言うなら、想像でき得る歯痛の中で最も
ひどいものが、坐骨神経痛の激しく鋭い痛みと同じ位です。

 

坐骨神経痛は、大腿部と下脚部、足部の組織へ情報を伝達する坐骨神経の、
痛みを伴った炎症です。坐骨神経痛は、坐骨神経圧迫も原因ですが、
下背部の椎骨間の脊椎神経根が圧迫されることでより多く起きます。


坐骨神経は、体の中で最も太い神経です。脊椎の起始部が最も太く、
脚から足へ行くほど細くなります。坐骨神経には二つの流れがあり、
一つは左脚、もう一つは右脚を下降しています。坐骨神経の神経根は、
下部脊柱にあります。下部脊柱は、もっとも障害が起こりやすい個所です。


坐骨神経痛は、引き裂かれそうな鋭い痛みです。痛みは坐骨神経を
突き下って臀部から大腿部、そして脚背部へと広がります。足首や
足部まで広がることもあります。痛みは大変長く続きますが、一時間で
止むこともあれば一日続くこともあります。一分間の弱い痛みで始まり、
その次に手の着け様のない凄まじく激しい痛みが襲います。

また、坐骨神経痛は、下背部の断続的な弱い痛みで始まることが
よくあります。この場合、しばしば痛みは始めは弱いのですが、
一旦痛み始めるとなかなか治まりません。


人間は弱い痛みは無視する傾向があります。
患者さん自身が、痛みがひどくなるまで放置する場合、治療を勝手に
打ち切ったり延期したりします。従って、痛みは再発するので出来るだけ
早期に治療を行なって直してしまうことが極めて重要です。


脊椎に不整列があって、それが自然治癒的に勝手に矯正されて永続的に
維持されるということはめったにありません。問題は骨格矯正の治療が
解決します。骨格矯正ドクターは、訓練と教育を受けて、どの椎骨が
坐骨神経症状に関係しているのかを突きとめるだけの経験があります。
多くの種類の治療法が可能です。


骨格矯正ドクターは、エックス線や他の診断方法を用いて脊椎の
不整列の位置を突きとめます。アラインメント(脊椎配列)を矯正した後は、
神経への圧迫がとれるので、鋭い痛みが鎮まります。鎮痛剤を
使わないで痛みが無くなった時、あなたは骨格矯正ドクターが
痛み症候群だけではなく、隠れた原因に働きかけていることを
確信できるでしょう。

 

椎骨がこれ以上神経を圧迫しなくなるよう骨を
正しい姿勢に安定させるのには時間がかかります。

骨盤

【坐骨神経痛の早期発見!】

1.臀部や大腿部、下脚部が激しく痛んだことがありますか?
2.何年も前から背中が弱いですか?
3.頑固な便秘に苦しんでいますか?
4.背中の障害が繰り返し起こりますか?
5.下背部に断続的な痛みが長期間続いたことがありますか?
6.重い物を持ち上げると、足がふらついたり、前かがみになっただけで痛みますか?
7.長時間立っていたり、または長時間の歩行によって痛みますか?
8.くしゃみや咳をすると体中がひどく激しく痛みますか?
9.寝ている間、短時間で姿勢を変えずには居られませんか?
10.忙しい一日の終わりには脚がひどく痛みますか?

上記はすべて坐骨神経痛の症状ですが、同時に他の病気の症状とも共通しています。
もし上のような症状が一つでもあれば、脊椎と神経の骨格矯正テストを行なって、
どこに障害があるか見つけるために助言できるでしょう。

注)椎間板ヘルニア(腰椎・頚椎)手術を受けられた後の腰痛及び坐骨神経痛、
手のしびれなどの症状改善は当サロンでご予約をお受けすることは出来ません。
ヘルニアと診断され手術を受けられる前に骨格のゆがみを確認することをお勧めします。

 

ご予約はこちらからどうぞ
ご予約はこちらからどうぞ

手足がしびれる理由

「シビレ」という言葉は医療用語ではありませんが、あなたの体に
直接的に現れた症状が、なぜ脊椎と関係があるのかを説明する
のには良い言葉です。

もしあなたが頚部や腕部、肩、背部、脚部、足部から発する痛みに
苦しんでいるのであれば、その痛みは、まさに神経が圧迫されている
ことを示しており、神経は脊椎からのびて広がっています。

 

頭痛は神経が引き伸ばされたり、炎症が起きていたり、
脊椎の内部または周辺の炎症により神経が圧迫されたときの
最も典型的な結果のひとつです。ドクターは、それをより分かりやすく
「シビレ」と呼びますが、一般的な医療用の書類には
もっと専門的な医療用語を使います。

神経が過度に圧迫されると、頭痛や胃の機能異常、
脚のしびれの症状を伝える正常な神経インパルスの伝達が
増加または減少することがあります。神経系は胎芽において
最初に形成される系なので、体の各機能は脳や筋肉、臓器、
骨への神経経路と関連しています。あなたの体温や言語行動、
視覚、体の均衡はすべて神経系によって統制されているのです。

神経は、脊椎の特定の部位から特定の臓器へと延びています。
脊椎の特定のレベルで障害が起きた場合、様々な症状が現れます。
レベルごとに現れる症状の例は以下の通りです。

【さまざまな症状例】

1.めまい、頭痛、緊張、不眠症、アレルギー、喉の痛み、鼻風邪、耳鳴り、etc.
2.頚の強直、ぜん息、腕や肩の痛み、etc.
3.胃や消化器官の障害
4.腎臓と泌尿器官の障害
5.腸の障害、生理痛や生理不順など女性特有の問題
6.腰痛、坐骨神経痛、脚と膝の痛み
7.足首の浮腫、足首の不快感

骨格矯正ドクターは、体の構造の不均衡を評価し、
外科手術や薬を使わないで、脊椎に瞬間的な特別な力
を加えて治療を行う専門化で、その治療は神経系に作用します。

 

ご予約はこちらからどうぞ
ご予約はこちらからどうぞ
QLOOKアクセス解析